イヤホン・ヘッドホン ガジェットレビュー

【Soundcore Life Q30レビュー】9000円の『ノイキャン&ハイレゾ』コスパヘッドフォン

先日AppleからAirPods Maxが70000円で発売されたんだけど、高すぎる。オーディーメーカーのSonyのワイヤレスヘッドフォンですら40000円程度で発売されたのに、オーディオメーカーでもなんでもないAppleはちょっと値段を上げすぎ。

前置きが長くなってしまったけど、今回レビューするのは、
いつも良い製品でお世話になっているAnkerのオーディオブランド「Sondcore」から10000円以下で発売されたワイヤレスヘッドフォン【Soundcore Life Q30】
今までAnkerはLife Q10,Q20とヘッドフォンシリーズを出してきて、今作のLife Q30が3作目。コスパ最強メーカーのヘッドフォンの実力は?ということで早速レビュー。

 

これまでに紹介したAnkerの製品レビューは下記から。

サウンドコア リバティエア2
【Soundcore Liberty Air2】レビュー 7000円のコスパ最強イヤホン

続きを見る

soundcoreliberty2 review
【ANKER SoundCore Liberty 2レビュー】10000円以下で買える高コスパフルワイヤレスイヤホン

続きを見る

Soundcore Life Q30のスペック

 

まずはSoundcore Life Q30の簡単なスペック紹介。

・8900円

・連続再生60時間(ノイキャン時40時間)

・SBC,AACコーデック対応

・type-C充電

・フル充電2時間

・4種類のアクティブノイズキャンセリング
(以後ANC)

・外部音取り込みモード

・マルチポイント対応

・ハイレゾ対応

Soundcore Life Q30の付属品

Soundcore Life Q30の付属品はこれ。

・充電用のType-Cケーブル

・ハイレゾ再生用のAUXケーブル

・説明書等の紙

・キャリングケース

キャリングケースがついているのはAnkerの企業努力を感じられる。見た目も素材もカッコ良くて付属品とは思えない。
これだけの付属品が付いていて8900円なのは本当にすごい。パッケージなどからはコストカットを感じるけれど、中身には一切妥協は感じない作りになっている。

Soundcore Life Q30の外観

Soundcore Life Q30の見た目を色々な角度で見てみる。

まずは正面から。ピアノブラックに金色の光沢のあるSoundcoreロゴがしんぷるながらもかっこいい。

裏側から見るとこんな感じ。L,Rと白字で印字されているので、外側からは見られないけど分かりやすい仕組みは頭がいいなと思った。
高級ヘッドフォンみたいにイヤーパッドを取り外せる機構はついていないっぽいので注意。

サイドには【ACTIVE NOICE CANCELING】との印字があっていいアクセントになっている。
上部は金属の粗削りデザインでできていて高級感がめっちゃある。かっこいい。

キャリングケースも付属していて、内部の構造はシンプルにぴったり本体が収まるようになっている。また、ポケットもついているので、アダプターなどを入れている。
大きすぎるものを入れてしまうとチャックが閉まらなくなるので注意。

本体をぴったり中にしまうことができる。

PSEマークやらなんやらは本体内側側面に記載してあるから、技適警察相手にも安心できる。

Soundcore Life Q30のつけ心地

耳の部分と頭のてっぺんにはふっかふかのレザー(合皮?)が使われていて、つけていて疲れることや痛くなったりは数時間つけている程度では全くしなかった。軽くできていることもあって長時間の作業でも体への負担をかけにくい。

強いて言う欠点を挙げるならば最小の大きさが大きすぎること。男性でも顔の小さい部類に入る僕は耳の少し下まで下がってきてしまうので、女性なんかはだいぶ大きいかもしれない。
逆に頭が大き位人は最大サイズが大きいから多分足りないなんてことは起こらないのでお勧め。

Soundcore Life Q30のANCと外部音取り込み性能

8900円なのにANCと外部音取り込みがついてるSoundcore Life Q30。なんちゃって性能なんじゃないか?なんて疑ってしまう値段なんだけど、実際に使ってみた感想としてはANC、外部音取り込みともにしっかりと使えるレベルでできている。

FreeBuds3i レビュー
【HUAWEI FreeBuds 3i レビュー】13000円のノイキャン対応ワイヤレスイヤホン

続きを見る

今回比較対象にしたイヤホンのレビューはこちら。

Soundcore Life Q30のANC

ANCの性能は10点満点だとした時にこのヘッドフォンは8.5点くらい。このヘッドフォンの一番の強みはイヤホンが苦手とする人の声のカットが上手なところ。他の席に座っている人の声はもちろん自分の声も結構カットしてくれる。話し声の多いカフェなどでの作業が多い人には結構向いている印象。
弱いところを出すのなら、単純なノイズのカットが弱いということ。エアコンやヒーターなどの暖房器具の音は全く聞こえなくなるんだけど、機械が動くときの「ゴー」っと言った音をかき消しにくいのがデメリット。

Soundcore Life Q30の外部音取り込み

外部音取り込み機能は使えなくもないんだけど、音が籠るの気になる。音の再現性とか、聞き取りやすさは全く問題ない気はするけど、人の声に関してはマイクを使っているような聞こえかたをするので、不自然さは否めない。だけど8900円だから許せる。

Soundcore Life Q30の操作性

Soundcore Life Q30の基本的機能はボタン操作

ヘッドフォン左/ヘッドフォン右
Soundcore Life Q30の基本操作は本体下部に搭載されているボタンで操作する。欲を言えば全操作にセンサーを使ったジェスチャー操作を搭載してほしかったんだけど、さすがに8900円ではむりだっだらしい。
5つもボタンがあるので操作に慣れるには少し時間がいるのがネックな点。覚えるまでは毎回外して確認しないといけないから操作性はあまりよくない印象。

Soundcore Life Q30はジェスチャー操作も使える

Soundcore Life Q30の本体(右)のロゴの部分を手で覆うことでノイズキャンセリングと外部音取り込みモードの切り替えを行うことができる。一応ボタンを使って変更することもできるんだけど、ジェスチャー操作ができるのは結構便利。精度はそこそこな感じで、反応しないことは一回もなかった。だけど、手が触れてしまっただけで不意に反応してしまうことがたまにあるけどそこまで気にならないし、使い続けていけば慣れていくはず。

Soundcore Life Q30の音質

Soundcore Life Q30は結論から言うと8900円とは思えないくらい音がいい。また、有線でも無線でも接続できるのも便利でいい。
主にすごいのが低音の迫力で40㎜の超でかいドライバを搭載しているっていうのもあってズンズン伝わってくる。かと言って高音がしゃりしゃりして聞き取りづらいわけでもなくてある程度伸びのある音を鳴らしてくれる。ボーカルの声も聞きやすいから、音に相当なこだわりがある人以外誰でも満足できる音質になっている。
音に気に入らないのなら、イコライザ機能を使って好みに変えればいいだけの話。

Soundcore Life Q30を無線で使う

Soundcore Life Q30をBluetooth接続して使うときの対応コーデックはSBC,AACに対応しているので、iPhoneで使用するには問題はないけど、apt-Xに対応してないのはAndroidを使っている人は少し痛手。だからといって無線でゲームをしようなんて思う人はほとんどいないだろうから自分的にはそこまで気にはしない。

Soundcore Life Q30を有線で使う

Soundcore Life Q30を有線で使うには、付属のAUXケーブルを使うことで可能になる。他のケーブルでも使えるのかどうかは今回は未検証。
有線で使った感想としては、やっぱりゲームするなら有線だなって感じ。音質面の違いはそこまで感じなかったんだけど、ハイレゾ音源を今回初めて聴いてみたら、まあすごかった。音に奥行きができて、ほんの少しだけど空気感を味わえるからお金に余裕のある人にはおすすめ。オーディオオタクじゃない自分でも違いはわかったんだけど、1曲600円はちょっと高くて手が出せない。一般的な1000円以下のサブスクで十分。

各変換ケーブルを使えばほとんどの機種で使うことができる。何度も言うけど、ゲームをするなら絶対に優先をおすすめする。変換ケーブル持ってない人はいないと思うけど。

Soundcore Life Q30は専用アプリでカスタマイズできる

Soundcore Life Q30は専用のアプリ【Soundcore】を使うことで、イコライザーの設定やノイズキャンセリングモードの変更、ヒヤリングサウンドを流すことができる。

Bluetooth接続時のホーム画面が上の画像になっていて、そこからさまざまな設定を行うことができる。

ノイズキャンセリングモードを選択すれば、ノイキャンモード、外部音取り込みモード、標準モードの3つを選んで設定できる。ノイキャンモード時にはさらに画像のように、交通機関モード、室内モード屋外モードの3種類のモードを選んで使うことができる。交通機関モードが一番ノイズキャンセルの効果が強いから耳が疲れやすい人以外なら、常時交通機関モードに設定しておくことをすすめる。

イコライザーでは20種類のプリセットから選んで使うこともできるし、自分の好きな周波数帯の音を強くしたりと結構本格的な調整までできてしまう。

また、睡眠モードでは、自分の選んだ自然音(例えば雨の音だとか、小鳥のさえずりなど)を鳴らすことでリラックスした質のいい睡眠を心がけることのできる機能もついている。ヘッドフォンつけながら寝たりする人は少ないと思うし、自分も使わないから、正直なくてもいい感じ。別のことにそのお金を使ってほしい気持ちもある。
とはいえ、アプリのデザインもシンプルで分かりやすいので、古臭さもないしストレスを感じることもなかった。

Soundcore Life Q30の総評

Soundcore Life Q30を一言で言うと、『コスパ最強』。今までヘッドフォンは全然使ってこなかったんだど、同価格帯では絶対再現できない音質や音の深さはヘッドフォンの大きいドライバならではだなと思う。イコライザを使うことで初めから入っているプリセットで好きなものを見つけることもできるし、それなりのこだわりがある人なら自分好みの音に変えてしまうこともできて、本当に優等生。デザインも悪くないし、よく8900円で収まっているなと思う。

ヘッドフォンが初めてという人にも、ノイキャンが試してみたい!という人にも喜んでおすすめできるコスパのいいヘッドフォンの購入はこちらから。

 

-イヤホン・ヘッドホン, ガジェットレビュー
-, ,

© 2021 もちガジェ!