スマートフォン

iPhone6s→iPhoneSE(2020) 感じたコト

iPhone6sからiPhoneSEに変えて変わったコト
iPhone6sとiPhoneSEの写真

iPhoneSE(2020)を発売日から毎日約2週間使ってみて感じたコト

iPhone6s発売から約5年...ですがまだiPhone6sを現役バリバリで使用している方もまだ少なくないはず。だいいち、私も先日までは現役で使っていましたからね(笑)

しかしそんな私も今はiPhoneSEに買い替えて満足しています。

今、iPhone6sを使っている方、またiPhone6や同7を使っている方々にも参考になればいいなと思います。

私が新型iPhoneSEに買い替えた理由

11シリーズと同じ性能=高性能
小さくてシンプル変わらないデザイン
44800円(税別)iPhoneなのにめちゃめちゃ安い

と、こんな理由で買い替えに至りました。

圧倒的なコストパフォーマンス

iPhoneSE(2020)の価格はなんと64GBで44800円(税抜)税込でも49280円と5万円をきってきます。

最新のAppleフラグシップモデルiPhone11proは税抜でも10万6800円と10万円を超してきます。そのiPhone11pro同じ性能を持ち合わせて40,000円代というとんでもない価格設定になっています。

カメラ性能やバッテリー性能は劣るものの差はそんなになく処理速度はほとんど同じ。画面の大きさや生体認証の違い、そんな程度の違いしかありません。

そこの違いを気にしない方、小型が好きな方はiPhoneSE一択ではないでしょうか?

私は、完全にこのコストパフォーマンスの良さにうたれました。

新型iPhoneSEの「ここ」が良くなった

1.買い替えて思った一番のことはやっぱり、圧倒的なA13チップの処理能力ですね。ほんとに。 何をするにもとにかく早い、アプリの起動、ゲームの読み込み時間、webの再読み込みも、なにもかも。

2.IP67相当の防水規格に対応した。これはiPhone7からではありますが6sは対応していませんでした。防水機能があることでより大胆に使えるようになりました。

3.ワイヤレス充電(qi)に対応,7.5w急速充電に対応,おサイフケータイ・NFC機能に対応した。※ワイヤレス充電はiPhone8から、急速充電と、おサイフケータイ・NFCはiPhone7から対応しています。

4.iPhone6sに比べてとても向上したカメラ。人物ポートレートモード、光学手ぶれ補正などが付き写真も動画もより鮮明にとれるようになった。

個人的にここは良くなったなと思ったところは以上になります。

新型iPhoneSEの「ここ」はダメ...

私からのダメポイントはあまりありませんがしいて言うならば、

バッテリーの持ちははっきり言ってほとんど変わっていないし良いわけでもない

というところです。

まとめ

今iPhone6sを使っている方は是非iPhoneSEに買い替えるべき!

最強クラスの性能とコストパフォーマンス

サイズそのまま機能向上

写真、動画ともにクオリティアップ

バッテリーの持ちに要注意(そこまで変わらないヨ)

イヤホンジャックがないからワイヤレスイヤホンの利用がおすすめ

      

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-スマートフォン
-,

© 2021 もちガジェ!